TOP > エッセイTOP

2018年5月

 廃材を使ったディスプレイ

アップロードファイル 2,376KB

廃材を使ったディスプレイは大好きな仕事のひとつです。古いものがすき、鉄や石や木材やアルミや硝子、紙や竹やと廃材には色々な素材のものがあります。
役目を終えたものたちですが、役目を果たしている間に、年季が入り貫禄を得たものも少なくありません。
捨てるにはもったいない。廃棄せずにもっと活躍できるやり方があるのではないか、という思いで廃材ディスプレイは始まりました。企業への還元という形で長い間続いています。
廃材は決してきれいなものではありません。その廃材に目をやってもらうためには、デザインとしてやはり目に付きやすさと親しみやすさが必要となります。そんなことを考えながらデザインすると、廃材ディスプレイはかわいい感じ、明るい感じに仕上がっていきます。
廃材ディスプレイは大概かわいい、明るいイメージ、キラキラした感じです。
この季節は梅雨にちなんだものが多いです。カエルくんが大活躍します。写真をUPしますので見てください。