TOP > エッセイTOP

趣味の話

 春の景色

アップロードファイル 1,917KBアップロードファイル 1,822KB

今年の桜はある日急に満開になり、暖かな陽射しの中、しばらく咲き乱れていました。そろそろ散りはじめかと思ったらこいのぼりの季節です。こいのぼりはこのあたりでは見かけなくなり残念ですが、車で少し走って田舎っぽいところにいくと大きなこいのぼりが泳いでいるお宅も見かけることができます。春ですね〜。
私の花粉症もまだまだですが、学校が始まって少し慌しくなり、花粉症だなんだと言ってられなくなります。少しのんびりできた3月末から4月初旬よ、さようなら〜。ゆめぱれっと夏に向かって走ります!

 芸術の秋

アップロードファイル 2,505KBアップロードファイル 2,410KB

岡山では芸術の秋、まっさかりです。ばたばたとしてゆっくり間近で鑑賞する間がないのですがせめて写真だけでもと思い、カメラを車に乗せてはアート作品の写真を撮っています。現代アートは楽しいですし、自然素材を使うのも素敵です。いろいろな作品を見ながら私も創造性を高めていければと思います。

 桜の季節は短くて

アップロードファイル 1,111KB

桜をみるといつも思う。植物たちはカレンダーがあるわけでもないのに、毎年同じ時期には花を咲かせる不思議。中でも桜は、ふだんなんの存在感もないのに、一年のうちたったの一週間だけは、他のあらゆるものと圧倒的な差をつけて主役の座を陣取る。そしてあっさりと退く。<咲き誇る>ということばがぴったりなのは桜だと思う。
今年は特に3月のあたたかさから開花が早く、そして4月は天気もすぐれず雨も降ったりで、結局岡山で最も人気のスポット後楽園の桜はみることもできず、終わってしまいました。
花見の定義は何でしょう。お弁当を作って桜の下でピクニックシートをひろげてわいわい。これが花見の定義とすれば、今年はもちろんのこと、もう何年も花見とは無縁。あぁ悲しき人生。
でも花は大好き。桜も大好き。普段はしずかに地味に過ごすものの、いざというときの存在感と引き際のかっこよさ、ほんとに尊敬です。というわけで、引き際の悪い私は、桜をもとめて北のほうに。みつけた桜の写真をUPします。

 バレンタインには花束を

バレンタインデーは、司教であったバレンティヌスに由来する愛の日。しかし愛といっても女性が意中の男性にチョコレートを渡して告白したりというのは日本とあと近隣の数カ国がやっていること。
本来はいつも尊敬している、愛している、感謝している人に向けての気持ちをカタチにということで、お花などのプレゼントを渡したり、交換したりというのがヨーロッパなどのバレンタインです。
日本でも数年前からフラワーバレンタインというものを前面に出しています。女性からだけではなくて、男性が意中の女性にお花のプレゼントをするというもの。
なかなか粋なことだと思いますが、なかなかと浸透はしていませんね。チョコレートは義理があってもお花の義理はなさそうだし、もらった方は本命ということ、本気渡しとおもったほうがよさそうです。
日本にはホワイトデーという日もありますので、女性にお返しをしないといけない方がいましたら、ぜひ花束のお返しを! おすすめです。

 ファジアーノディスプレイ×2

アップロードファイル 1,283KBアップロードファイル 1,288KB

11月も最終日となりました。明日からはいよいよ師走。師走という文字を見ただけでなんだかあわただしい気分になるのは私だけでしょうか。
さてファジアーノのディスプレイや装飾は遅ればせながらクリスマスとなりました。今年のツリーはスモーキーなグリーンなどを使った渋めのアンティーク調。店舗やディスプレイで地味になりすぎないかと心配しましたが、落ち着いた雰囲気で上品にまとまりました。
スタジアム近くのファジスクエアもクリスマスセールが始まります。来年のカレンダーなども販売していますのでどうぞお立ち寄りください。
これから1ヶ月はさらに加速して過ぎていくことでしょう。時間に負けないように、しっかりと日々すごしていきましょう。